カテゴリー
刺しゅうの図案紹介

クリスマスのタペストリー

こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。
11月も終わりに差し掛かり、そろそろクリスマスの飾りつけを始めた方もおおいのではないでしょうか!

数年前、クリスマスの大きくてシンプルなタペストリーが欲しいなと思い、
こちらの作品を作ってみました。

 

文字は25番糸でチェーンステッチで刺して、

上のぽんぽんの部分はウール糸を使って刺しています。
チェーンステッチとついすてっどチェーンステッチしか使わないので、
ベーシックコースの2番の課題までを修了すればできるかな~と思います。
図案ありますので、もしよければお声がけくださいませ♡



*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。

カテゴリー
刺しゅうのやり方とコツ

もっこもこウール刺繍

こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

ヴァリエーションコースにも入っているこのアルパカちゃん、
生まれたときはブローチでした。
数年前に「アルパカのブローチが欲しいな」というお願いを受けて図案を作ってみました。

毛のモコモコ感を出すために、刺繍用の毛糸を使っています。
アプルトンというメーカーの細めの毛糸を使用し、ゆるめのフレンチノットをランダムに配置して埋めています。

最近寒くなってきたので、
ニット帽とかにつけたいな♪

 


*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。

カテゴリー
刺しゅうのやり方とコツ

スタンプワークのやりかた

こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

今日は「ヴァリエーションコース」の最後の課題、
スタンプワークのご紹介です。

この課題には、
・スミルナステッチ
・ダーニングステッチ
・ディタッチドボタンホールステッチ
・キャストオンステッチ
・ワイヤーを使った立体的な刺繍方法
が使われています。

ふつうの刺繍とはちがって、
どちらかというと「編む」ようなイメージのものが多く、
はじめはちょっと感覚がつかめないかもしれません。
布から浮かせて刺すものも多いです。

でも出来上がりは格別!
平面の刺繍とはちがい、飛び出してくるような立体感がとってもかわいいです。
スタンプワークはこれらのステッチの組み合わせでできていることが多いので、
この課題でステッチを学べばいろいろとアレンジできますね♪

 

*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。

カテゴリー
刺しゅうの図案紹介

カウントステッチの基礎

こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

刺しゅうには大きく分けて布目を数えるもの、数えないで自由に刺していくものの二種類あります。
布目を数える刺しゅうにはハーダンガー、ドロンワークなど、布をレースのようにかがっていくとても美しいものがあります。

その基礎としてとっても大事なのがクロスステッチの学習!
布目を見る、数えることに慣れていただき、
徐々に細かい布目にチャレンジしていきます。
ベーシックコースでは単純なマス目の生地のクロスステッチからはじまり、
麻生地でのクロスステッチ、ビスコーニュの仕立てなど、
4つのクロスステッチ作品を作っていただきます。
図案は自由なので、ご自身で刺してみたい図案をお選びくださいね。



*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。

カテゴリー
刺しゅうの図案紹介

ハーダンガーのスタート


こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

今日はヴァリエーションコース用に作ったハーダンガーのご紹介。
レースのように見えるカットを使った刺しゅうの中でも、
ハーダンガーは布目も大きく比較的取り組みやすい刺しゅうです。
白糸刺しゅうの初歩として、ヴァリエーションコースに簡単なハーダンガーを入れてみました。

周囲のカットは無しで、基礎的なかがりのみ。
布目も大きく、1センチに8目のものを使っています。
ハーダンガーは一枚で仕上げることが多いのですが、
今回は間に綿をはさんでオーナメントの仕立てに。
下についている巻き玉や大きなタッセルの作り方も学びます♡

お作りしたらぜひ飾ってくださいね♪


*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。

カテゴリー
刺しゅうの図案紹介

オーガンジー刺しゅう試作


こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

最近アクセサリーによく使われているオーガンジー刺しゅう。
パーツ屋さんで土台を買ってきて、私も作ってみました。

ひとつは25番糸でミモザ、
もうひとつはリボンも使用して大輪のお花。
周囲をかがる色でも個性が出せそうです。
そんなに難しくなかったので、
ベーシックコースを3までクリアしている方ならできそう!

コースに入れるほどのものでもないので、
よりみち用にレシピ作ってみようかな?

*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。



カテゴリー
刺しゅうの図案紹介

小学二年生でも一人でできる

こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

前回もお話した内容の続き!
今日は妹ちゃんのほうのご紹介です。

おねえちゃんの選んだ図案を見て、
妹ちゃんも近くにあったカモミールをチョイス。
今回妹ちゃんはほぼはじめての刺繍でした。

学年は小2なので、まだ指の力が弱く、
針をうまくひきぬくことができません。
枠に張って、指先にラバーをつけて刺すとずいぶんやりやすそうでした。

おねえちゃんが上手にできたので驚きましたが、
さらに驚いたのは妹ちゃんも一人で一日で全部刺し切ったこと!!
私やママの手出しは一切なしです。
こんなに丁寧に集中して全部仕上げられるとは…
本当にびっくりしました。

昨日おうちに遊びにいったら、
ピアノの上にお姉ちゃんと妹ちゃんの額が二つ仲良く並んで飾ってありました♪
聞いたところによると、図書館で刺しゅうの本を借りて一人で刺繍をたのしんでいるとか!
「また一緒にお花やりたい」と昨日も言っていたので、
また時間をみて一緒に刺しゅうしたいと思います♡



*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。



カテゴリー
刺しゅうの図案紹介

小学5年生の刺繍


こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

夏休みに仲良しのお友達家族が刺しゅうをしに来てくれました!
上のお姉ちゃんは小学5年生。
ステッチイデーの図案をみて、刺してみたいものを選んできてくれて、
午後1番から刺繍スタート!
図案を写すところから額装まで一日でぜーんぶひとりで!できました!

このお嬢ちゃんはちいさなころから刺しゅうに興味を持ってくれていて、
小学校2年生くらいの頃から年に1度ほど「ひろこちゃん、刺しゅうやりたいな!」って言って家族で習いに来てくれます♡
なので、糸処理など基礎の基礎は覚えていたものの、
アウトラインステッチ、レゼーデージ、フレンチノットは全部はじめて!
6時間くらいぶっとおしで刺しゅうして、ここまで完成させました♪


正直一日での完成は厳しいかなって思っていたので、
ここまでの完成度に私のほうがびっくりでした。

妹ちゃんとママもこの日はとってもがんばったので、
そちらも紹介させてくださいね!



*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。

カテゴリー
刺しゅうの道具について

普段使いのピンクッション

こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

今日は普段使いにしているピンクッションをまとめてご紹介します!
メーカー別や針の種類別にわけて、7つのピンクッションを普段使いしています。

上の二つは昨日ご紹介したとおり、みすや針用に二つ作りました。
真ん中の左はミルワード用。ミルワードはフランス刺繍針しかないので、ミルワード用は一つです。
真ん中の右、黒いリボンのはパッチワークのピーシング用の針を刺しています。
ピーシング用の針はとても細くて、ビーズを刺すのにピッタリなので、
ビーズ刺繍やゴールドワーク用に使っています。

下の三つはブラックワークで作ったもの。
左はフランス刺繍針、真ん中がクロス用の針。どちらもメーカーはクローバーです。
右の青いのは待ち針。
待ち針はリトルハウスの瓶入りのものを愛用しています。太くて短くてとても使いやすいんですよね。

土台は上のもの以外はペットボトルの蓋。
中に磁石を仕込んで金属製のものにくっつくようにしているので、
缶のなかにいれておくと動きづらいです。

いろいろ試してこのフォーメーションにたどり着きました笑
ご参考に!


*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。

カテゴリー
刺しゅうの道具について

地刺しでピンクッション

こんにちは!stitch dripの佐野裕子です。

先日みすや針を手に入れたお話をしましたが、
そのときにみすや針を刺しておく用のピンクッションを作りました。

針はいろんな種類を使っていると混ざってわからなくなるので、
メーカーごとにピンクッションを変えています。

今回は地刺しで作ろうと決め、
青いほうはクロスの針、赤いほうはフランス刺繍の針用に新たに二つ作りました。

たくさん刺しゅうするのは時間がかかりますが、
ピンクッションくらいのおおきさであればすぐできちゃいますね♡



*ご紹介した図案やレシピ、お道具はすべて教室内に保管してあり、
レッスン内で刺し方や仕立て等ご相談いただけます。
詳細ご希望の生徒さんはお知らせください。

*ページ最下部よりブログのアーカイブ検索ができます。
よろしければ過去の記事もご覧ください。